読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガロ丼、大盛りで

ニンテンドー3DS専用ソフト『カルドセプト リボルト』の話を中心としたブログです。オンライン対人戦時での名前は『生息条件/島』です。

物語モードが終わりました(若干のネタバレ有り)

本日はお休みなので、夜更かしをしてリボルトを遊んでいたのですが、昨晩やっと、物語を終えました。

 

いやー、確かに長かったですけど、次はどんな展開が来るのだろう?どんなパックが解放されるのだろう?と、ワクワクしながら進められましたのでね。

 

本当に楽しかったです。

 

 

それにしても、まさかテラーメアがこんなに存在感のあるキャラになるとは。

 

初登場時は恐ろしい実力者として、解放軍のリーダーであるアリシアを即退場させ、主人公との初戦闘では私が水ブックだったこともあり、かなり苦しめられました。

 

火ブックの使い手で、かなりガシガシ攻めてきますし、その外見と言動から、ちょっと苦手だなーと思っていたのですけど、まさか後半仲間として登場することになるとは。

 

えっ、どうしてここでテラーメア!?と、つい口に出してしまいましたよ。(笑)

 

 

で、実際に組んでみると、これがまた本当に甲斐甲斐しい。

 

こちらの領地レベルを上げる、地形を合うものに変更する、積極的にこちらに合わせて土地を取るなど、尽くしまくってきます。

 

私が防御的なブックなので、テラーメアの攻撃的なサポートは、かなりありがたかったですしね。

 

流石は伯爵の忠臣として、尽くしているだけはあるな、と思いました。

 

それにしても、テラーメアも元々他のセプターと同様、亜神・サイクに記憶を改竄された上で連れてこられたはずなのに、どうしてここまで伯爵に忠義を誓っているのか。

 

主人公についてきた理由も伯爵ありきですし、歴史が変わって、伯爵が自分のことを認識していなくても、その忠誠心にぶれはありませんでしたしね。

 

最後のシーンは、思わず叫んでしまいましたもの。

 

ナイトホークといい、テラーメアといい、予想外な良キャラが多かったですねぇ。

 

 

 現在はサイドクエストである『兄弟を超える絆』を遊び始めております。

 

サイドクエストにもちゃんと物語があって、各キャラクターの個性も見えるのが楽しいです。

 

暫くはカード集めとクエスト消化をすると思うので、対人戦デビューはもうちょっと先の話になるかと思いますが、徐々に対人戦用のブックも考えていかなければねぇ。