読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガロ丼、大盛りで

ニンテンドー3DS専用ソフト『カルドセプト リボルト』の話を中心としたブログです。オンライン対人戦時での名前は『生息条件/島』です。

オンライン戦、やっと優勝出来ました!

本日も、やってきました早朝オンライン戦。
マップはランキングのロングホーン。
使用したブックは、タッチで《バードメイデン》と《イエティ》を入れた、地援護ブックです。

黄の方:風不屈ブック
赤の方:風水ブック
緑の方:《ネビロス》火属性ブック
私:地援護ブック


開幕直後、緑の方が私の《ターンウォール》に、《メタモルフォシス》をプレイしてきます。
くっ、開幕メタモは、私の十八番なのに!(何

10ターンくらいは、各々盤面を展開していたのですが、ここで動き出したのが赤の方。
開幕砦の右にある、L次路3マスを陣取り、それぞれの領地レベルを少しずつ上げてきます。

私も、《バードメイデン》で地領地を確保しつ、入れ替えで《シルバンダッチェス》を配置して領土レベルを上げるのですが、その隣に緑の方が《シグルド》を設置するといういやーな展開。

私のブックは、援護クリーチャーで攻防しつつ、不屈クリーチャー入れ替えによる大型設置で拠点を作るというのが主な戦術ですから、ぶっ刺さるんですよねぇ。(汗)


《シグルド》は黄色の方が倒してくれたので、私はこの《シルバンダッチェス》を拠点としてレベルを上げました。
が、再度設置された《シグルド》に結局討ち取られてしまい、その直前に赤の方の高額領地を踏んでしまってもいた為、4位へと転落してしまいます。


この時点でもう正直諦めていたのに、泣きっ面に蜂とばかりに、赤の方の高額領地に止まってしまったのですよ。
しかも相手の手札には、《ストームシールド》がありました。

「もうダメだ、無駄に高い戦闘ダメージを叩き出して無効化され、笑いながら消えよう。」

そう心に決めて、《シルバンダッチェス》に《スペクターローブ》をまとわせて、防がれるのが分かっていても侵略します。

しかし、ここで赤の方は、何故か《ストームシールド》を使用せず。
一番高いレベルの領地ではなかったので使わなかったのか、《シルバンダッチェス》の効果が防具も壊すと勘違いしたのかは分かりませんが、110もの打点を叩き出し、領地を奪います。

そしてその後も、最終ラウンドまで残りわずか(28、29Rくらい)だった為、なんとなくレベルを上げた領地を緑の方が踏んで、突然1位に。
そのまま逃げ切って、棚からぼた餅な感じで優勝しました。

f:id:seisoku11:20160804122057j:plain
皆様対戦、ありがとうございました!


全員がそれなりに展開し、手札も十分だった為、いつこの均衡が破られるか、と終始牽制し合っていたような試合でした。
互いに隣接しあっていた為、侵略されるリスクもありましたし。

ちなみにこれが、最終ラウンドの様子です。

f:id:seisoku11:20160804122659j:plain
もの凄くカラフル。(笑)
右下が更地なのは、侵略合戦の果てに緑の方が制したものの、私の高額領地を踏んで手放したからです。


終始私と4位争いをしていた黄色の方ですが、自軍の不屈持ちに《ドレインシジル》を使って、毎ターン着々と搾取を繰り返していたのですよ。

実はこのサポートがありがたくって、侵略に長けた火ブックの緑の方が、私の高額領地を踏んでも行動出来なかったのは、黄色の方に魔力を吸われまくっていたからです。
赤の方の領地を、隙を見て奪ってもくださいましたし、この黄色の方のサポートがなかったら、私は絶対にこの勝負、勝てませんでした。

ずーっと4位争いをしていた2人が、勝負を終えたら1位、2位を獲得しているというのですから、カルドセプトは面白いですね。


それにしても、ようやく、ようやくのことで、ランキング戦で勝つことができました。
実は、ランキング戦で初優勝なのですよ。

リボルトのスペシャルサイトの速報に掲載されたのが、本当に嬉しいです。
f:id:seisoku11:20160804123914j:plain

これを励みに、今後も頑張っていきます。