読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガロ丼、大盛りで

ニンテンドー3DS専用ソフト『カルドセプト リボルト』の話を中心としたブログです。オンライン対人戦時での名前は『生息条件/島』です。

現在調整中のメガロドンブック

クリーチャー(26)
メガロドン 4
アクアホーン3
ハイド 3
マカラ 2
ツリーフォーク 4
セイジ 2
グレートタスカー 2
ロックトロル 4

アイテム(11)
スパイクシールド 2
スペクターローブ 2
ダイヤアーマー 2
ネクロスカラベ 1
プラックソード 4

スペル(13)
オブリタレート 1
ギフト 4
クインテッセンス 3
ドレインマジック 2
メタモルフォシス 2
バイバル 1


今までは、水地の援護ブックから、地タッチ火風援護ブックに調整し直して使用しておりましたが、やっぱりこのブログを書いている以上、《メガロドン》を活かしたいな、と思いましてね。
上記のような構成で、現在調整しております。

基本は、《メガロドン》を中心とした高パワーのNクリーチャーに、《プラックソード》を装備させて特攻させる侵略ブックです。
素のパワーが高く、援護クリーチャーと絡めてもいける為、攻防ともに安定しております。

このブックの一応の目玉は、《クインテッセンス》。
相手が《メガロドン》の行けない領地を確保していても、これを撃ち込んで無理矢理侵略出来るようにします。
一時的とは言え、妨害にも使えますから、腐りにくいカードですね。

《リバイバル》は、ブックを修復して5枚目の《メガロドン》を引き込む用。
《オブリタレート》は、現在のオンライン主戦場が『ダイヤモンド』なので、入れているだけです。


元々リボルトを始めた初期に、《メガロドン》、《ロックトロル》、《スチームギア》で援護クリーチャーを強化するブックを使っておりましたが、それの原点回帰といった感じですね。

メガロドン》を活かす構築にしたことで、《ブラックソード》の採用と、周りのカード統率が取れて、よりまとまった感じです。

何より、使っていて楽しいです!
色々ブックを組んでも、やっぱり最後は自分が使っていて楽しいかどうか、に尽きると私は思っておりますのでね。

これからも、《メガロドン》と一緒に頑張りたいと思います。