読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガロ丼、大盛りで

ニンテンドー3DS専用ソフト『カルドセプト リボルト』の話を中心としたブログです。オンライン対人戦時での名前は『生息条件/島』です。

早朝ビギナー戦!

本日はお仕事ですが、究極の遅番だったので、6時頃に起きてご飯の支度をしつつ、ダラダラと過ごしていたのですよ。

 

で、そう言えば、カルドセプト・リボルトの、ビギナー戦向けブックを作ろうかな、と思いましてね。
あれこれ組んでおりました。

 

水土で、《メガロドン》4枚入りなのは相変わらずですけど。


どうせメガロドンを活かすなら、Nカードに強打を与える《プラークソード》を加え、同じくパワー50の《ロックトロール》も4枚ぶち込んで完成。

 

7時くらいに、多分朝だからマッチングはしないとは思いつつも、ビギナー戦にアクセスしたら、即揃いました。

 

流石は世の中3連休ですね。(笑)

 

 

私のデッキは援護ブックなので、まずは土の確保を〜と《セージ》を展開したら、黄色プレイヤーの方の手札に《ダンピール》を発見。

 

もう一人のプレイヤー・青の方も土要素が入っておりましたから、お互い

「ちょっとそれはマズイって!」

という感じだったと思います。(笑)


特に序盤は大きな動きがなく、土地を確保して適度にレベルを上げてーという感じだったのですが、細かい戦闘を繰り返す内に消耗した私の隙をついて、高額セージ土地を黄色の方に奪われる。

 

腹いせに、全く連鎖していない《イエティ》土地をレベルMAXにしたら、青の方が踏んで残り魔力“2”になるなど、こういう時にボイスチャットが出来たらワイワイ楽しいのになー、という戦いでした。

 

私はアイコンで反応しまくっておりましたけど、多分他の方からはウザがられていたでしょうね。(苦笑)

 


それにしても昨日の対戦とは打って変わって、火中心の侵略ブックはおらず、アイテムも防御よりな方ばかりでした。

これはこれで、また違った面白さがあって良いですね。

 

高打撃を叩き出すメンバーがいないと見るや否や、一気に高額領地を作り上げる黄色の方は、流石だったと思います。(優勝したのも黄色の方)

 

援護ブック好きなので、その戦略は主軸にしつつも、どんなカードで脇を固めていくかをどんどん考えていきませんとね。

 

嗚呼、やっぱりカルドセプトは楽しいなぁ。