読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガロ丼、大盛りで

ニンテンドー3DS専用ソフト『カルドセプト リボルト』の話を中心としたブログです。オンライン対人戦時での名前は『生息条件/島』です。

《リビングアムル》に分からされた対人戦

予定時刻よりも早く起きてしまい、朝の家事を行っても時間に余裕がありましたのでね。

本日もやってきました早朝オンライン戦。

使用したブックは、新しく組んだ『火地虫ブック』です。

 もう世間は夏休みですからね。

夏休みといえば昆虫採集!そんな感じです。(笑)

 

=====================

クリーチャー(31)

アモン 2

デスサイズ 2

ナイトエラント 1

バードメイデン 3

ファイアービーク 2

ウッドフォーク 4

グロウホーン 4

ジャッカーローブ3

セージ 4

タイガーウェタ 4

マッドハーレクイン 2

 

アイテム()

スクイドマントル 2

スパイクシールド 2

ボーパルソード 2

マグマシールド 2

 

スペル(11)

ギフト 2

ストーンブラスト 3

スニークハンド 1

チャリオット 1

ドレインマジック 2

メタモルフォシス 2

 

自領地に隣接していると強化される《タイガーウェタ》と、火属性の感応を持つ《グロウホーン》を中心に組んだブック。

 

《バードメイデン》の秘術を使うと、空き地へ遠隔移動させる事ができるので、《タイガーウェタ》にせっせと隣接させます。

それに合わせて、隣接すると応援効果を誘発する《マッドハーレクイン》も投入。

盤面が揃えば、なかなかな戦闘力です。

 

《ストーンブラスト》は、自分の《ジャッカーローブ》に撃ちこんだら《グレートタスカー》に変身しますのでね。

対戦相手の方が驚いてくれるかな、と。(笑)

 

=====================

 

時間帯も時間帯なので、4人戦では成立しませんでしたから、ノーマルでの3人戦。

メンバーは

 

青の方:地属性中心の援護ブック

私:上記の虫ブック

赤の方:復活や無効系のカードで守るブック

 

です。

 

開始直後、3番手である赤の方の手札に《ウェイストワールド》が見えたので、挨拶代わりに《メタモルフォシス》。

こいついつも挨拶代わりに《メタモルフォシス》撃ってんな。(何

 

赤の方のが《リビングアムル》を使っていて、どんな能力だっけ?と思って見ていたら、兎に角武器を携えて青の方の領地に突撃していくのですよ。

《リビングアムル》は、相手が武器を使わなければ復活するので、武器をほとんど持たないであろう青の方にとっては、ほぼ確実に不死身となる厄介なクリーチャー。

そんなカードが武器を背負って殴りかかってくるのですから、かなりキツいですよね。

援護用のカードが、ゴリゴリ削られていきました。

 

ただこのカード、確か中盤くらいでの戦闘の際に、相手が《マグマハンマー》を使っていたにも関わらず復活したような?

それを見ていて「あれ?」と思ったのですけど、どういう事なのでしょうね。

解釈が間違っているのか、バグだったのか・・・

 

青の方は、堅実に領地を増やしていくのですけど、不思議だったのが領地コマンドで地形を変化させまくっていた事。

隣がモーフ土地で空いておりますから、移動させれば属性に合った土地に変わるのに300G払って地形変化。

地属性の土地が空いているので能力を使えば良いのに、《ドリアード》の土地を300G払って地形変化。

と、合計3回くらい変化させていた気がします。

 

 カルドセプトを始めたばかりでよく分かっていなかったのか、それともそこに置いておきたい理由があったのか。

移動侵略されると嫌ですから、密集していなかったそこが良いと判断しても、確かに納得は出来ますからね。

ただ、地形変化をしまくったせいで、魔力が減るわ領地レベルは上げられないわと、資金繰りに苦労されていたのが印象的でした。

 

結局試合は、アイテムカードでがっちり守っていた赤の方の高額領地を、私と青の方が仲良く踏み、逆に赤の方は上手く高額領地を避けていたので、そのままゲームセット。

f:id:seisoku11:20160727075257j:plain

皆様、対戦ありがとうございました!

 

《バードメイデン》での移動を意識するあまり、かなりテンポが悪くなっておりました。

領地を取られるとキツイので、その前に隣接陣形を確立させていったのですけど、そのせいで領地レベルを上げるのが遅れ、対戦相手の方にプレッシャーをかけられなかったな、と。

どちらの方も防御的で、侵略されて奪われるという事は少なそうでしたから、余計にね。

 

もしも《バードメイデン》を使うなら、配置後すぐに移動できる不屈持ちが相性良さ気でしたね。

《ジャッカローブ》じゃなくて《ピクシー》とか。

援護用として強力な武器となる《デスサイズ》の使用感はかなり良かったので、相手の陣地の隣に移動→不屈で即侵略、という戦法も取れますし。

 

どちらにせよ、全然ブックを使いこなせていなかったのと、慣れない戦術でテンポが悪くなっていたのが敗因です。

やはり対人戦をやると、ブックやプレイングの課題を見つけられるのが良いですね。

これからも、どんどんこなしていきましょう。